アイオーシステム(IOSYSTEM)

Q & A

Q&A

Q1 : ”てすちゃん” は、どのような所で使用できるのですか?
A1 :  PLC・シーケンサ・組込み用マイコンボードなど(制御装置)のプログラム作成時に、デバックの手助けとして、制御装置に押釦SWやリミットSWなどの代用として信号を発信し、又、制御装置からの出力信号の有無をLEDで表示して、機械配線・操作盤配線が出来上がる前に、制御装置のプログラム開発時に使用し、動作を確認しながらプログラミング(デバック)する事が出来ます。
Q2 : 電源電圧DC3Vで問題無く使用出来ますか?
A2 : IOS-PLC-SW32、LED32、SWLEDは、出来ます。
但しLEDの発光輝度が低下しますが、”てすちゃん”内のネットワーク抵抗に並列に、抵抗を追加する事で輝度は上げられます。
(抵抗を追加した場合は、DC24Vで使用しないで下さい、LEDが破損しますので)

********************************************************************************************
********************************************************************************************
********************************************************************************************

注意

(注1) :16点を1回路としてのCOM1個があり、PNP・NPNの電圧出力となります。
PNP/ON時、ソース出力として、電源電圧を出力します。
NPN/ON時、シンク出力として、端子を0Vにします。

(注2) :16点を1回路としてのCOM1個があり、PNP・NPNとしてLEDが点灯します。
PNP/ON時、ソース入力として、青LEDが点灯します。(2色LED使用)
NPN/ON時、シンク入力として、赤LEDが点灯します。(2色LED使用)

(注3) :電源電圧について。
DC3VからDC26Vまで使用可能です。
低電圧の時、LEDの輝度が下がりますが、信号に問題はありません。
(輝度調整用ネットワーク抵抗がDC26Vに対応した抵抗値となっている為です)
(低電圧専用で使用時は、抵抗を並列に追加する事で輝度が上がります)
( 電源電圧 : DC3V時、ネットワーク抵抗 200Ω位を追加 )
( 電源電圧 : DC5V時、ネットワーク抵抗 470Ω位を追加 )
( 現在 DC26V対応として、ネットワーク抵抗 10KΩが付いています )

(注4) :電源電圧の供給
(入出力ユニットに応じた電圧を供給して下さい)
3Pコネクタでの供給
3-1P : 0V (3Pコネクタのツメの有る側)
3-2P : DC5V以下の電圧の時、
3-3P : DC5V以上DC26V以下の電圧を供給して下さい。
20Pコネクタでの電源電圧供給
20-17P : DC5V以上DC26V以下の電圧、
20-18P : DC5V以下の電圧の時、
20-19と20P : 0Vの電圧を供給して下さい。

((( もしDC5VラインにDC24Vが誤配線されても ”てすちゃん” は故障しません。)))

(注A): ”シーケンサ” は、三菱電機㈱の登録商標です。

********************************************************************************************
********************************************************************************************
********************************************************************************************